INTERVIEW インタビュー

SCIENCE DIVISION

DIVISION LEAD

アナリティクスの成果を
ビジネスの成功へ

データサイエンティスト 佐々木 彰

私たちのミッション

サイエンスディビジョンのミッションは、高度なアナリティクスによって社会のデジタルトランスフォーメーションを牽引することにあります。KDDIが保有する国内最大規模の顧客データや位置情報データ、EC・金融・エンターテイメント等さまざまなサービスを提供するグループ企業が保有するデータ、最先端のデータ処理・分析基盤、さらにアクセンチュアが有する最先端のデータ分析、AIに関する知見・アセット、データサイエンティストやソリューション開発力等を背景に、高度なアナリティクスサービスを提供するのが私たちの役割です。

私たちの仕事

私たちの仕事には、大きく分けて2つの方向性があります。1つはKDDIグループへの事業貢献につながるアナリティクスの提供です。その成果は、店舗・コールセンター・Web・各種アプリケーション等さまざまな顧客接点におけるコミュニケーションの最適化、顧客満足度向上に向けた取り組みに活用されます。そしてもう1つが、法人顧客に対するアナリティクスソリューションの提供です。KDDIが保有する多種多様なデータやチャネルに加え、顧客独自のデータを掛け合わせ、ユーザーの行動予測、顧客対応の高度化、IoTを活用したソリューション等の開発を行います。

この部署で働くにあたって、経験できること

データ分析専業に留まるのではなく、ビジネスの観点からデータサイエンスがどう活きるのか、KDDIという膨大なデータを保有する事業会社を通して、またアクセンチュアというコンサルティング企業の視点を持って、経験していく環境が用意されています。

KDDIおよびグループ会社が保有する多種多様な分析対象データがあり、ソラコム・iret・Supership等の各業界で尖ったグループ企業と連携しながら、最先端ソリューションを構築していくにあたり、データ分析に関する幅広い経験を積むことができます。

活躍できる人材

「分析案件の成果が見えず、変革に携わっている手応えがない」、「分析業務をこなすことだけを求められ、業務に深く踏み込んだ提案ができない」——。こうした職場環境に閉塞感を抱いているデータサイエンティストが多いのではないでしょうか。ARISE analyticsのサイエンスディビジョンは、ビジネスに活かすためのアナリティクス、企業のデジタルトランスフォーメーションに直接寄与することが出来る組織です。創業にあたっては、世界的なデータサイエンティストである工藤卓哉をCSO(Chief Science Officer)に招聘。「アナリティクスでビジネスを変革したい」、「企業の意匠と同様に当事者意識を持って、永続的な改善に携わりたい」そういった“想い”があるデータサイエンティストを募集しています。