INTERVIEW インタビュー

TECHNOLOGY DIVISION

DIVISION LEAD

速く、賢く、しなやかな
分析基盤を形に

データアーキテクト 平山 悠

私たちのミッション

テクノロジーディビジョンのミッションは、データサイエンティストが快適に業務を遂行できるよう、速く、賢く、しなやかなデータ分析基盤を構築すること。サイエンスディビジョンに所属するデータサイエンティストたちは、多種多様なビジネス要求に応えるため、統計学や機械学習にもとづく分析テクニックを駆使して、複雑な課題に向き合います。データ分析基盤もそれに呼応した仕様でなければなりません。テクノロジーディビジョンに所属するデータアーキテクトは、データサイエンティストが見据えるゴールを理解し、テクノロジーによって彼らの仕事を支えます。

私たちの仕事

データサイエンティストが円滑にアナリティクスを遂行するためには、高速で試行錯誤しやすい環境が必要です。テクノロジーディビジョンに所属するデータアーキテクトは、OSSを含む最新テクノロジーの文献調査に始まり、ラボでの技術検証、ストレージやアプリケーション構成の検討から、実際の構築に至るまで、データ分析基盤作りのすべてに携わります。また、こうした業務以外にもKDDIグループ内に点在する多種多様なデータベースを整理統合し、新たに立ち上げた基幹DMP「RAIZIN」に接続する役割も担います。

この部署で働くにあたって、経験できること

自由に、能動的にモノづくりを試せるテクノロジーラボ環境が確立されています。日々の仕事で必要な技術検証だけでなく、業務時間外に興味をもったテクノロジーを検証したり、何かしら面白いテーマを設定してモノづくりしてみたり、また、それらをメンバ間で共有し合ったりすることで、スキルを向上させることができます。

他部門間の距離が近いこともあり、ビジネスの案件発生時には、設計~アウトプットまで全体に携わるため、Techスキルは前提としながら、ビジネススキルも練磨していける画一的な環境が用意されています。

活躍できる人材

データサイエンティスト同様、私たちの最終目標もアナリティクスの成果によって、ビジネスの成功に貢献することにあります。データ分析基盤の構築を担うデータアーキテクトにも同じ視座が求められるのは言うまでもありません。私たちが必要としているのは、テクノロジードリブンでビジネスを、そして社会を変えたいという意欲を持った人材。ARISE analyticsのテクノロジーディビジョンには、ビジネスの成功に直結したやりがいがあります。私たちは、膨大なトラフィックを誇るサイトのテクノロジー部門に飽き足らず、一段高い視点からアナリティクスに貢献したい方からの応募を待っています。