IT Pro Activeセミナーに弊社CSO工藤卓哉が登壇しました。

「IT Pro Activeセミナー」に弊社CSO工藤卓哉が登壇し、「人工知能におけるストレージ活用戦略~機械学習最適化の要諦」というテーマで基調講演いたしました。

セッション概要

デジタル化により激動する環境下で企業が勝ち残る為には、企業が有する膨大なデータを有効に活用し、データに基づいた定量的な意思決定を行うことが必須になっている。また、人工知能のビジネス活用に関する関心やニーズが世界的に高まっているものの、まだ具体的な対応に悩む企業も多い。
本講演では、国内外におけるデータ分析および人工知能の先端事例を紹介しながら、それらがどのように企業や業界にインパクトを与えているのか、特にアルゴリズム実装時に使用するストレージの静的なデータとストリーミングデータの活用法の違い、更には忘れられがちな予測値を制約条件下で運用最適化していかにビジネス価値創造につなげるかについて提起する。